エアクリーナー交換時の気になるアレ


エアクリーナー交換時に少し気にしなければいけない部分が、

ブリーザーラインの処理。


純正ではブローバイガス

(以前は生ガスと読んでいましたが、最近あまり聞かなくなりましたね。。。)

エアクリーナー内に還元するシステムとなっておりますが、

社外ではこのシステムがあったりなかったりでして、、、

イメージ 1

定番のRSD VENTURIやTurbineシリーズは還元式。

但し、Velocity Stacksは大気開放となっており、

エンジンがオイルまみれになっている車両をよく見かけます。。(泣)


還元式でないエアクリーナーの場合、

イメージ 2

こちらはよく見かけるやり方で、左右をジョイントし、

リア側からドレンホースを伸ばす手法。


イメージ 3

当店で人気のメッシュホースによるブリーザーホースの取り回し。

エンジン周りにボリュームが欲しい方におすすめの手法です。



ちなみに当店オリジナルのキャブレターサポートブラケットは、

一見、大気開放に見えますが、、

イメージ 4

実は還元式なんです。

イメージ 5

側面からブリーザーボルト(エアクリーナーのマウントボルト)に向かって、

ブリーザーラインが貫通しております。